ほうれい線

3.ほうれい線を消すための方法

 

年齢を重ねる毎に口の両側にできるのがほうれい線です。肌の弾力性が弱くなってきたり、口周りの筋力低下などから起ってくるのです。そもそも顔の表面の肌は、内側からの弾力性で支えられているので、肌の状態によって目だってくるのです。
生まれてまもない赤ちゃんにもほうれい線はありますが、肌を触ってみると分かりますが、弾力性で支えられていて目立ちません。でも年齢ととものに肌に弾力性がなくなってくるのは避けられないのです。

 

肌の弾力性には個人差があって、20代前半から弾力が落ちていってほうれい線が目立つ方もいるのです。表情筋によって、顔は弾力性を保っているのですが、よく動かしている人は衰えが少なくて、ほうれい線は目立たないと言えます。

 

ですからほうれい線が目立たなくする方法として簡単にできるのは口内筋のマッサージがあります。まずは頬の筋力を鍛える運動があって、頬を膨らませたり口をすぼめてください。
次は口内筋のマッサージですが、両手の人差指を口の中に入れて頬の内側から上下左右に動かしてマッサージをします。次は外側からで、頬をつまむマッサージをします。最後には、頬の保湿処理を行って潤いを与えておいてください。

 

ほうれい線 消す

http://xn--n8jd2dzgod26az405a7j1a.net/

 

ほうれい線を自分でなくすには、色々な方法があります。おすすめなのは、スキンケア用品による保湿ケアです。
ほうれい線は、肌の乾燥が大敵です。乾燥するとシワやたるみが目立ってくるので、ほうれい線を自分でなくすには、まず保湿をしっかりする必要があります。加齢により、コラーゲンはどんどん体内から減少していくので、ヒアルロン酸やコラーゲンが含まれた化粧品を使用しましょう。
化粧品と共に、サプリメントで美容成分を体の中に取り入れれば、なお効果的です。

 

ほうれい線は、肌がたるむことで起こるので、表情筋を鍛えると良いでしょう。自宅で簡単にできるエクササイズとしておすすめなのが、顔の筋力トレーニングです。
取り入れることで肌のたるみを抑えることができ、ほうれい線解消につながります。むくみがほうれい線の原因になっていることもあるので、リンパマッサージもおすすめです。余計な水分や老廃物を排出させることで、肌を引き締めることができます。
ほうれい線を自分でなくす方法は、このようにたくさんあります。エステサロンや医療機関で行われる美容医療を取り入れる前に、まずは自分で実践してみましょう。

 

目の下 しわ

http://xn--68j2buf258kiz6b.net/

続きを読む≫ 2015/06/09 10:43:09